未分類

韓国ドラマをより楽しく観る方法、親戚・家族の呼び方あれこれを知ってみる。

韓国ドラマを観始めた頃、とても不思議に思ったのが親戚同士の呼び方

子供がお父さん、お母さん(パパ、ママ)と呼び、親が子供を名前で呼ぶのは日本と同じなのですが、親戚がお互いを呼ぶ時に、名前ではない呼び方をすることに気付いたのです。

イモって誰?コモって何??
と、なぜか気になって仕方なく(笑)

調べてみたところ、韓国では親族の中の位置付けとでもいいますか、立場によって呼称がたくさんあることを知りました。

それも、めちゃくちゃ細かいの!!

しかも、実家と婚家、婚家でも妻の実家、夫の実家でそれぞれ違う呼称であったり、父方か母方かでもまた違い、しかもしかも、実際に呼びかける時の呼称と、記載する時の表記は違ったりもします。(ひぇ~~!)

これをスラスラと言ったり書いたりできる韓国の方、すげー!
と思いましたよ。


 

ではでは早速、私:ナ(나)から見た親族の呼び方を見てみましょう。

父:アボジ(아버지)
パパ:アッパ(아빠)

母:オモニ(어머니)
ママ:オンマ(엄마)

韓ドラの基本中の基本といいますか、韓国語がわからなくても韓ドラを観ていたら自然と覚えるので言うまでもありませんね。

ちなみに両親はプモニム(부모님)です。

 

父方祖父:ハラボジ(할아버지)
父方祖母:ハルモニ(할머니)

母方祖父:ウェハラボジ(외할아버지)
母方祖母:ウェハルモニ(외할머이)

祖父母も必ずといっていいほど登場しますので、よく耳にしますよね。

日本だと、父方母方どちらも、祖父、祖母、おじいちゃん、おばあちゃん、ですが、韓国ではちょっと違います。

 

女性から見た姉:オンニ(언니)
女性から見た兄:オッパ(오빠)

男性から見た姉:ヌナ(누나)
男性から見た兄:ヒョン(형)

はい!オンニ、オッパ、ヌナ、ヒョンもいっぱい登場しますねー。

親族間だけでなく、先輩や親しい目上の人をこのように呼ぶことも多いです。
若いご夫婦だと、旦那さんのことをオッパと呼ぶ奥さんもいますよね。

くれぐれも男性から見た呼び方と、女性から見た呼び方を間違えないようにご注意を…(ギョッとされるかとw)

 

妹:ヨドンセン(여동생)
弟:ナムドンセン(남동생)

弟妹のことをトンセン(동생)といいますが、妹は、女性=ヨジャ(여자)の여を付けて、弟は、男性=ナムジャ(남자)の남を付けて、それぞれこのように呼びます。

 

おばさん・母の姉妹:イモ(이모)
おばさん・父の姉妹:コモ(고모)

おじさん・母の兄弟:ウェサムチュン(외삼촌)
おじさん・父の兄弟:サムチュン(삼촌)

これですよー!
私が韓国ドラマを観始めた頃に、どうにも謎だった、イモコモ!!

日本では、自分の親より上だと伯父、伯母で、下だと叔父、叔母と表記し、どちらもおじさんとおばさんですが、韓国では父方か母方かで呼び分けていて、上か下かではないのですね。

 

あと、これもすーごく気になったのが、トンソ(동서)

あるドラマで兄嫁が弟嫁を「トンソ」と呼んでいて、何?なんで名前じゃないの?
トンソって??と気になりすぎて調べましたところ、

嫁同士、婿同士がトンソとなるそうです。

なのですが、あくまでも目上からの呼称とのことで、弟嫁、妹婿が、兄嫁、姉婿をトンソと呼ぶことはないそうです。

 

その他、夫婦がお互いをヨボ(여보)タンシン(당신)と呼ぶ場面もよく見られますが、これは年配のご夫婦に多いですよね。

ちなみに、この、タンシン(당신)は、直訳すると「あなた」ですが、日常会話においては少々使い方が難しい、要注意な単語のようです。

喧嘩のシーンで相手に投げる言葉でもあることから分かるように、「おまえ」的な意味合いを含みますので、安易に使わないのが無難です。

 

と、最後は少々余談になりましたが、これらはほんの一部で、また、地方によって上記とは違う呼称であったりもするようです。

韓国の方と結婚する、とかではない限り、これらを覚える必要はないわけですが、韓国ドラマを観るにおいて、この親戚関係の呼び方をちょっと知っていると、

あ、この人はあの人の妹で、あの人はこの人のおばさんなのね。

とかが理解できて、よりストーリーを楽しめるのではないかと思うのです^^

 

少々マニアックかもしれませんがw
韓国文化を知るという意味でも、とても興味深いものなので、気になる方は検索してみられてはいかがでしょうか。