韓国ドラマ

「トッケビ~君がくれた愛しい日々~」コン・ユ&キム・ゴウン、あらすじ・見どころ・感想

韓国では、2016年~2017年にかけて放送された大ヒット作「トッケビ」
韓国ドラマ史上に残る名作といっても過言ではないこの作品、韓ドラ好きの方はもちろん、そうでない方にも是非観ていただきたい!超絶オススメです。

 

トッケビ~君がくれた愛しい日々~(2016-2017/tvN)

・脚本:キム・ウンスク
・監督:イ・ウンボク

《主な登場人物・キャスト》

キム・シン(コン・ユ) 
高麗時代の武臣、900年の時を生きるトッケビ
体に刺さったままの剣を抜かない限り生きなくてはならなず、唯一、剣を抜くことができる“トッケビの花嫁”を探し続けている。

チ・ウンタク(キム・ゴウン
トッケビを無に帰すことができる“トッケビの花嫁”
ウンタクの母は妊娠中に事故に遭うが、シンに助けられ、本来なら生まれてこなかったはずのウンタクを出産した。

死神(イ・ドンウク)
過去の記憶を消された死神。
亡くなった人をあの世へ送る”仕事”をしている。ウンタクを”未処理”と呼ぶ。

サニー(ユ・インナ)
ウンタクのバイト先のチキン店の美人社長。
死神と出会い好きになる。

ユ・ドクファ(ユク・ソンジェ)
キム・シンの家臣の末裔、財閥御曹司。

 

トッケビ・あらすじ

高麗時代、最強の武士で民の英雄だったキム・シン。年若い王の嫉妬から逆賊とされ命を落とすが、神の力により不滅の命を与えられ、トッケビとして生き続けることとなる。

900年の時を経て、一人の女子高生チ・ウンタクと出会うシン。

ウンタクは唯一、シンの永遠の命を終わらせることができる“トッケビの花嫁”であったが、半信半疑のシンは、ウンタクの主張を受け入れることができないでいた。

シンの家臣の末裔であるユ・ドクファにより、死神と同居することになってしまうシンであるが、反発し合いながらもいつしか二人の間に友情が芽生え始める。

次第にウンタクの存在が気になり始めるシン。

不滅の命の終わりを望んでいたはずが、天真爛漫なウンタクと過ごすうちに、生きたいという思いが強くなっていく。

 

トッケビ・みどころ

コン ユにとって初となる時代劇シーンは、このドラマの一つのみどころです。

そういえばコン ユって、激しい激しいアクションのイメージがあまりないですよね。

しかしながら、彼ならごつい甲冑も絶対に似合うだろう…と思っていましたが、実際、想像通り…いえいえ、想像以上に違和感なく、キム・シンでしかない!

役との一体化はさすがです。

殺陣を教わる時間がなく、アクションシーンは代役を立てたそうですが、トッケビとなってからの現代シーンでも随所に発せられる時代劇風のセリフは、好評だったとか。

一方、チ・ウンタクを演じるキムゴウン

一見どこにでもいそうで普通っぽいですが、20代にして既に実力派女優の彼女。
天真爛漫なウンタクをとても自然に演じています。

笑うととっても可愛らしく表情豊かで、パッと花が咲くようなキュートさに惹きつけられます。

キム・シンと感情のすれ違いを繰り返しながらも、徐々に心を寄せていく繊細な演技と表現力は共感を誘います。

名前のない死神を演じるイ ドンウクと、クールビューティーなチキン店の社長、サニー役のユ インナ。この二人のラブラインもストーリーの重要な要素。

キム・シンとの前世、現生での関わりが回を重ねるごとに明らかになり、それぞれに苦悩をもたらすこととなります。

イ ドンウクとコン ユのじゃれ合いシーンも注目ポイント!

演技じゃなくて素よね?と思う場面が数々あるのですが、二人のシーンの撮影では、実際にアドリブも多く、台本にはない展開に至ることも多かったそうですw

そこに、ユ・ドクファ役のユクソンジェが面白おかしく、時にはミステリアスに絡んでストーリーに幅を持たせます。
このイケメン3人はなかなかの見ごたえです!

 

トッケビ・感想

前評判も高く、韓国でも超ヒットしていたので楽しみしていたドラマでした。

第1話のシンとウンタクが初めて出会うシーンから、あーこれはもう絶対ハマるやつだ。と確信!

転生にまつわるラブファンタジーは、韓国ドラマに多い題材ですが、この作品はスケールが違いますね。

ストーリー展開、登場人物それぞれのキャラとキャスティング、OSTも素晴らしく、ため息が出るほど美しい名シーンの数々に、めちゃくちゃ引き込まれます。

16話と短めながら、後半はクライマックスが2回もあり、脚本の秀逸さ、奥深さはさすが。
間違いなく、韓国ドラマ史上に残る名作です!

 

>>コン ユのプロフィール

>>キムゴウンのプロフィール